インターネット契約の前に、種類やシェアを見てみよう

 

男性

 

インターネット契約は難しい!
率直にそう思います。
回線の種類で悩み、サービスの種類にも悩みます。。

 

だからこそ、まずはメジャーな回線、シェアを知っておきましょう。

 

 

 

光回線、ADSL、CATVどれがいい?

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

インターネット回線の種類は様々ですが最近の主流は圧倒的に光回線です。
数ある自宅インターネット回線のうち、契約数は74%を超えています。

 

CATV、ADSLはごく一部で利用されているのが現状。

 

光回線が選ばれる理由

 

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

接続や速度が安定しているからです。
その性能は、多くの大企業もメイン回線として利用している程。

 

光ケーブルは光ファイバーによってデータを送受します。
そのため銅線のLANケーブルと違い、高速で、品質も安定します。

 

一般的に利用する光回線はベストエフォートと呼ばれ、共用で利用する回線を意味します。さらに上を望むなら専用回線となりますが、こちらは月うん十万円もする代物なので一般家庭には向きません。
※ベストエフォートに対してギャランティ等と呼ばれます。

 

 

ADSLは減少傾向

導入が簡単だったので普及したと考えられますが、より質の良い光回線に切り替わりつつあります。

 

光回線の普及前、ADSLは主流の回線でした。
自宅インターネットの黎明期自宅にある電話線をそのまま利用してインターネットに接続しました。普及させるためには工事など、導入する障壁が少ない必要があったんですね。これを可能にしたのがISDNやADSLで、1990年代のインターネットを支えた主役です。

 

電話線は銅線で出来ていますが、次世代の光回線は光ファイバーを利用しているので通信品質に大きな差があります。
みんながインターネットの重要性を知ってからは、導入の障壁よりも「通信の品質や安定性」が重要視されるようになり、その契約数は徐々に減少しています。ADSLは今では役目を終えつつあるサービスと言えますね。

 

 

CATVも全体から見るシェアは低い

ケーブルテレビは文字通り「テレビ」がメインのサービスです。その付加価値として「インターネットを利用できる」サービスを提供しています。
テレビのついでにインターネットも付けられるため、普及したと考えられます。

 

「インターネット」がメインのサービスではなかったせいか、CATVは全体的に「通信の品質」が良くない評判を聞くことが多いです。一度契約すると乗り換えも難しいので「インターネット」をメインで考えるならCATVは選択肢から外した方が良いかと思います。

 

光回線でシェアの高い、人気のサービス

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

NTT東西のシェアが圧倒的に高いです。インターネットと言えば「フレッツ光」というイメージがありますね。光回線の契約数のうち、実に68%以上を占めています。

 

そしてNTT東西のうち約半数は他社が販売しています。別名「光コラボレーション」や「光卸」と呼ばれる、NTTの光回線を他社が提供するインターネットサービスです。

 

NTTのシェアが高い理由の考察

当初からシェアが高く、現在でも通信設備の大半はNTTが所持しているため、シェアが高いと考えられます。

 

歴史的な背景として、過去に国内通信市場は日本電信電話公社(電電公社)の独占市場でした。「インターネットするならNTTと契約」という状況ですね。

 

独占状態では発展がないため、競争原理が導入される目的として、1985年にNTTとして民営化されました。民営化したとはいえ、インターネットを実現している通信インフラの大部分はNTTが所有しています。この背景からシェアが高い理由も理解できます。

 

ドコモ光などの光コラボレーション

法律が改正され、NTTが所有する「光回線」をプロバイダーなどの他社が販売・契約できるようになりました。
※市場を活性化し、世界最高レベルの情報インフラを普及・発展させる目的です

 

元々複雑だったインターネット契約が、より一層分かり辛くなりました。。。

 

 

とはいえ以前より光回線を安く利用できるのが「光コラボレーション」です。これも、ぜひ検討したいところ。

 

ただし回線をNTTから借りている都合上、通信の優先順位は低いようです。そのため「インターネットが遅くなった」という声もありますので、安くなる分デメリットもあると認識しておきましょう。

 

 

NTT系の光回線

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

NTTのインターネット回線を利用するサービスをご紹介。

フレッツ光

NTT東西が提供している「フレッツ光」。光回線の中では最もメジャーどころで評判も良いです。

 

ただし2020年現在、フレッツ光は法人のみ新規契約ができます。個人ではできません!
個人でフレッツ光回線を契約する場合、光コラボレーションを契約するしか手段が無いです。

 

ドコモ光(光コラボレーション)

NTTの光回線を利用して、NTTドコモが提供している光コラボレーションサービスです。
利用者の契約先がNTTドコモとなるためドコモスマホの割引が使えます。
またプロバイダー契約も含まれますので、別途プロバイダーと契約する必要もありません。

 

ドコモ光は、唯一、Docomo携帯の割引を受けられるサービスとなり、他の光コラボレーションサービスでは割引を受けることができません。

 

KDDI系回線

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

KDDIのインターネット回線を利用するサービスを2つご紹介。
どちらもauスマホのスマートバリュー(スマホ割引)を利用できます。

 

auひかり

KDDIが提供する「auひかり」。
フレッツ光に次いでシェアが高く、評判も良いです。

 

So-net光(光コラボレーション)

ソニーネットワークコミュニケーションズ(So-net)が提供している光コラボレーションサービスです。プロバイダー契約が含まれますので、別途プロバイダーと契約する必要もありません。

 

その他回線

インターネット契約の選び方 ブロードNAVI

 

現在のシェアは低いですが、これから伸びてくるであろう優良サービスをご紹介。
NURO光はソフトバンクスマホの割引があります。

 

NURO光

GPONという技術を利用し、下り最速2GBを実現したサービスです。

 

2018年現在、NURO光以外に日本国内でGPONを使っているサービスはありません。フレッツ光やauひかりはGEPONを利用していますが、So-netは「高品質なサービスを提供」するため、苦労して実現させました。評判は非常に良いです。

 

低価格と良質なサービスが評判で、コスパならNURO光。
関東のほか、関西、東海、九州、北海道にもサービス提供エリアを広げています。

 

またプロバイダー契約も含まれますので、別途プロバイダーと契約する必要もありません。プロバイダーはSo-netとなります。

 

まとめ

最近のインターネット回線のシェアは光回線が圧倒的に高いのが現状で、中でも、やはりNTT回線が圧倒的にシェアが高いです。
次いでauひかり、その他の光回線サービスという順になります。

 

スマホ割引を軸に考えるのであれば以下となります。

  • ドコモ:各種光コラボレーション(ドコモ光など)
  • au:auひかり、各種光コラボレーション(So-net光など)
  • ソフトバンク:各種光コラボレーション(NURO光など)

 


 
トップへ戻る