インターネットの選び方を公開!管理人が現在の回線にした理由

インターネットの選び方を公開!管理人が現在の回線にした理由

インターネットの選び方を公開!管理人が現在の回線にした理由

自宅のインターネットワーク

 

管理人の自宅では画像左側のNTTフレッツ光ネクストを使っています。

 

本ページでは、みなさんのインターネット選びの参考になればと思い「管理人が現在の自宅インターネット回線を選んだ理由」をご紹介しています。

 

 

NURO光 So-net公式サイトで3.5万円キャッシュバック実施中!

 

NTTフレッツ光ネクストにした理由

回線を決めた理由

ADSL、格安SIM、テザリング、モバイルルータなどを含めて検討した結果、安定性が高い光回線にすることに決めました。

サービスを決めた理由

auひかり、So-net光、ドコモ光と比較した結果、口コミの良いフレッツ光ネクストにすることに決めました。

 

決め手は安定性です(/・ω・)/

 

基本情報

まず初めに、管理人のインターネット回線の基本情報を紹介します。

回線

サービス名:フレッツ光ネクスト ファミリー・ギガラインタイプ
回線提供事業者:NTT東日本
回線種別:光回線
契約プラン:ギガラインタイプ
速度:送信・受信1GB(1,000Mbps)
料金:5,400円

プロバイダ

プロバイダ提供事業者:SANNET
料金:1,200円

利用して感じること

ネットの混雑などで途中で切れることもなく安定してます。速度も速いので十分快適(^o^)
料金は合計6,600円なので少し高いですね。。
家族みんなで利用しいるので安定性を望んでましたが、高評価。

 

でも既に3年使っているので、そろそろ5,000円程のネットに乗り換えようかとも思っています。

 

インターネットの要素には「回線」と「プロバイダ」があり、両方揃って初めて利用できるようになります。そのためネット契約自体もこの2つの契約が必要になります。

 

契約詳細

 

光回線を使う理由

インターネット回線には沢山の種類があります。管理人の場合は仕事柄知っていましたが、初心者の方が比較、判断するには難しいでしょう(´・ω・`)だからこそ管理人が光回線を選んだ理由をご紹介します。同じような環境を望む方は光回線がベターな選択になるのではないでしょうか。

 

管理人が求めていた点と解決策

家族みんなで使うので、とにかく安定して使えることを第一に考えてました(^o^)

求めていた点
  • 家族で使うので安定していること
  • 動画を見ても安定すること
  • 使い放題であること
  • 混雑で遅くなりにくいこと
  • 速度は遅くないこと
  • 料金は妥当な金額であること

 

これなら、光回線を使えばOKでしょ(/・ω・)/

って考えました。ADSLやモバイルルーターは、これらを満たせるだけの性能はありませんので。

 

光回線の特徴

光回線は文字通り光ケーブルを自宅の建物に引き込んで利用します。「固定回線」と呼ばれる種類で、持ち運びは出来ません。基本的に「使い放題」です。
高速、安定性を兼ね揃えており、動画視聴や家族複数人での利用に向いています。他の回線に比べて性能が高いため多くの企業でもメイン回線として利用されています。
価格は概ね5,000円程度。自宅のタイプが「戸建て」か「マンション」かによって契約プランが異なります。

 

他回線は個別の記事でご紹介しています。

 

自宅でモバイルルーターは有りか?

管理人の判断では、無しです。

 

というのも、モバイルルーターは基本的に「月に〇GB」「3日間に〇GB」という制限があります。これを超えると極端に遅くなってしまいます。「家族全員で使う」「動画を見る」という条件で考えた場合、安定性に大いに疑問が出ます。それならば使い放題の光回線の方がベターです。

 

「あわよくば持ち出してカフェでパソコンしたい」とも思いましたが「持ち出したら家族が使えない」点がネックとなりました。

 

またWiMax等は電波の特性により、自宅内の特定の場所では電波が入り辛く、安定しないこともあります。これは契約後に実際に使ってみないと分からない点です。

 

他の回線と比較検討した点

管理人のインターネットの使用頻度はそこまで高くありませんが「使いたいときに使える」ことがとっても大事だと思います。限られたプライベートな時間に「遅い〜(´・ω・`)」なんてトラブルはイヤですからね。だからこそ安定性の高い光回線がベターだと考えました。

 

昔使っていたADSLは最悪でした。とにかく遅かった。。。
あとモバイルルーターも使っていました。ある程度使えましたが、部屋の中や地下では電波が悪かったですね。また、速度制限にも結構引っかかりました。自宅のネット回線とするには安定度に欠けます。

モバイルルーターは外出先でパソコンを接続できるのが利点ですが、最近ではスマホのテザリングで代用できます。カフェでネットをする程度ならスマホのテザリングでOKだと思います(^^)

無駄に端末(モバイルルーター)が増えるのも嫌なので、モバイルルーターはもういいかなと思ってます。モバイルルーターを検討している方は「機器が増える」「充電を気にしないといけない」ということも加味して検討してくださいね!特に一人暮らしで多少Web閲覧をする程度であればスマホのパケット増量の方がシンプルで良いと思います。

 

こんな感じで、やっぱり光回線かなと。

 

 

フレッツ光ネクストにした一番の理由は評判!

他の回線に比べて評判が良かったからです。

 

というのも契約後は後戻りが出来ないので、まずは「口コミ」を重視するしかないんですね。結局。周りの方の体験談を見て「これなら大丈夫かな」と思ったので決めました(*´ω`*)結果として良かったと思ってます。

 

auひかりってどうなの?

以前に利用していましたが、これも全然良い回線でしたよ(^^)
※管理人は冒険でNTTに乗り換えましたが

 

auスマホを利用しているから「auひかり」にしたいという方には注意点があります。以下の記事を参考にしてください。

 

その他のサービスはどうなの?

管理人は関東に住んでいるので3年前にNURO光は検討しました。乗り気でしたが、自宅が対応エリア外だったので断念。。。くやしいですね(*´Д`)

 

その他「光コラボ」である「ドコモ光」の案内も来ましたが口コミが超悪いので無し。「光コラボ」系は安定性が不安すぎます。是非ツイッターで検索してみてください。

 

今考乗り換えを考えても、管理人なら「NURO光」「auひかり」「フレッツ光」の3つの選択肢に限定されます。料金は記載した順で安いので「そろそろNURO対応したか?」と思っているところです。

 

 

NURO光 So-net公式サイトで3.5万円キャッシュバック実施中!

 

フレッツ光ネクストを1GB契約にした理由

単純に速度に不安があるのが嫌だから!(料金も下のプランとそんなに変わらないし)
ネット回線というのは、1GBのプランで契約しても実際には1GBも出ません!
実際は2〜4割程度と考えるのが妥当かな。。。そういうものなんです。。

 

動画を見るので「下り速度重」を要視しています。
動画やWeb閲覧は「下り」通信を利用します。動画視聴で重要なのは「下り」。
速ければ速いほど良いものです(/・ω・)/
逆に「上り」はほとんど使いません。100Mbps程度あれば十分ではないでしょうか(´・ω・`)アップロードが多い方は気にした方が良いでしょう。

 

「上り」「下り」はデータの流れる方向のことです。
「下り」はデータ受信を指し、動画視聴やファイルのダウンロードが該当します。逆に「上り」はデータ送信で、ファイルのアップロードなどで利用します。

 

契約時に2万円もらいました

キャッシュバック有りだったので2万円もらいました。

 

以前使ったauひかり契約では、いくらか忘れましたがキャッシュバックを貰い損ねたことを覚えています(; ・`д・´)というのも、キャッシュバック申請が「開通後、〇ヶ月目に申請」という内容だったので忘れたんですね。単純に。

 

で、過ぎてから電話したら「時期が過ぎているので申請できません」って言われました。。
いや、普通に忘れますよ!当たり前のように対応してるけど、おかしくない?大金なのに(# ゚Д゚) 

 

みなさんは気を付けてくださいね!

 

料金を考える

戸建住宅の場合光回線の相場は概ね5,000円です。
この数値は総務省の統計データで公表されている金額。

 

逆にマンションタイプの場合はおよそ3,500円程度だと思います。こっちは管理人の感覚。

 

管理人の場合6,000円程支払っています。相場よりちょっと高いですね。
変更するのが面倒なんです。
※実は総務省の「光回線を使い続ける理由」調査にも同じことが書かれていました 笑

 

LANケーブルの接続はこうなってる

インターネットの選び方を公開!管理人が現在の回線にした理由

 

何か難しく見えますが、単純にルーターのLANポートに機器をぶら下げているだけです。
特別なことはしていないので基本的な構成になります。

 

自宅内とインターネットの境界がルーター

ルーターはインターネットに接続するための機器です。

  • LANポート:Local Area Networkの略称
  • 文字通りローカル(自宅内)ネットワークを指すと思っていただければよいかと。

  • インターネット側はWANポート:Wide Area Networkの略称
  • 外側(インターネット)ネットワークとなります。
    ※機器によっては「Internet」や「ポートの色違い」で表現されています。

※ざっくり話しなので、詳しい方は優しく見守ってください(´・ω・`)

 

ルーターのLANポートに自宅の機器を接続

機種にもよりますが、管理人のルーターは回線をひいた時に設置されたもので4つのLANポートがあります。このLANポートから下に家の機器をぶら下げるイメージで接続しています。

 

 

WiFi接続はこうなってる

インターネットの選び方を公開!管理人が現在の回線にした理由

 

少し複雑ですね。というのも自宅で3つもWiFiの電波を利用しているからです。
シンプルにいくなら1つの電波で全然OKです♪

 

管理人のインターネット契約は無線ルーター標準装備

契約によりますが無線(WiFi)ルーターが標準で付いてくるサービスもあります。
標準ではない場合オプションになります。料金はサービス次第ですが100円〜500円くらいが一般的。

 

わざわざオプションで契約しなくても「自前で準備する」のも全然OKですね。
自分で準備する場合、無線ルーターの設定が必要になります。

 

 

使えるエリアを増やしたいので無線ルーターを複数台設置

我が家ではリビングのWiFiに加えて2階と庭でもルーターを利用しています。
3台置くことで実現できました。

 

また家の中でLANケーブルを張り巡らすのも嫌なので無線中継でケーブルフリーとしています。
この機能はとても便利!(^^)!庭でも趣味のバイクをいぢりながら、BBQしながらでもWiFiが使えてます♪

 

 

 

 


トップへ戻る